守備

【少年野球の守備】トンネルしなくなる方法。捕る瞬間に「パクっ」と言うだけ!

野球選手にとってトンネルほど情けない気持ちになるものはありません。

私も外野を守っていてトンネルしたときは、さすがに泣きたくなりました。笑

 

あの振り返ったらボールが転がっている景色…。

なんとも言えません。

 

 

 何としてもトンネルだけはしないようになりたい!

 

今回はそんな選手のために、トンネルしない方法をお伝えします。

 

トンネルだけでなく守備力自体も上がるのでおすすめです。

 

捕る瞬間に「パクっ」

トンネルしない方法、それは捕る瞬間に「パクっ」と口に出して言うだけです。

信じられませんよね。笑

実際にやってみてください。

不思議とボールが捕れるようになります。

 

それでは理由を解説していきます。

 

トンネルする選手はボールを見ていない

トンネルをする選手を見ていると、ボールがグラブに入る最後の瞬間まで見ていないのです。

一塁を見たり、ランナーに気を取られたりと目を切るタイミングがとても早いです。

 

もしくは、他のことを意識してボールを見ている”つもり”になっている選手も多いです。

 

「一塁にすぐ投げよう」

「ランナーがいる」

「腰を低く」

「両手できっちり捕ろう」

 

このような意識が、ボールに対しての集中を妨げている原因です。

 

「パクっ」というだけでボールに集中することができる

「パクっ」と言うことで、ボールから目を逸らさずに集中することができます。

ボールを捕るタイミングと同時に言おうとすると、タイミングを合わせるために自然と最後までボールを見る習慣がつきます。

 

パクッと言うのはボールを最後まで観るためなのです。

 

ボールにのみ集中すると守備が上手くなる

余計なことを意識せず、飛んでくるボールにのみ集中するようになるとプレーは大きく変わります。

身体に意識を向けないことで、無意識がプレーする状態になるからです。

ゾーンとはまさにこのことを言うのです。

守備が苦手だった選手は、パクッと言うだけで得意になります。

この「パクっ」という方法は、バッティングにも送球などのピッチングにも使えるので是非試してみてください。

 

トンネルがなくなることを祈っています。

頑張ってください!

【「パクっ」で捕れるようになる詳しい理由】

 

【守備の悩みはこちらも↓!】

あわせて読みたい
守備が上手くなる方法。多くの選手はボールが観えていない。バウンドや足の運びは考えなくていい。僕は守備がものすごい苦手でした。 「もっと腰を低くしろ!」 「正面でとれ!」 「バウンドを合わせろ!」 ...
あわせて読みたい
【少年野球】なぜかボールが捕れない選手へ。真面目で素直な選手ほど下手になる原因を解説。誰でも捕れるようなボールもポロリ。 普通にキャッチボールはできるのに、なぜかポロリ。 僕の場合、特にやらかす...

 

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です