バッティング

【少年野球のバッティング】効果的なイメージトレーニングのやり方。YouTubeを活用しよう。

監督 

イメージトレーニングは大事だぞ!

 

イメージトレーニングは大切とよく言われます。

 

しかし実際どうやればいいのかは選手たちはわかっていません。

 

監督

頭でイメージしろ!

 

って言われてやってみても、なかなか上手くできるものではありません。

 

そもそも、

・イメージトレーニングとは一体何のためにするのか

・どのようなやり方をすればいいのか

 

それらを理解している選手は少ないです。

 

今回はそういった疑問を持った野球少年にお答えしていきたいと思います。

上手い選手のプレーを見よう

イメージトレーニングのやり方を説明します。

まず、視覚的イメージを掴むために上手い選手のプレーをみます。

 

野球中継でもいいですが、できるだけ生に近い方がいいです。

同じチームの上手い選手や、プロで自分が目指している選手のプレーを見ましょう。

私はよくこういった動画を見ていました。

 

 

野球中継の試合よりも、バッティング練習の動画がおすすめです。特に後ろからの映像だとイメージが掴みやすいです。

 

「おぉ、こんな感じで振るのか!」

「打球はこんな風に飛んでいくのか!」

 

こんなふうに何度も見て、視覚的イメージを掴みましょう。

 

とにかく上手い選手のバッティングを見ることは本当に重要です。

 

 

しかし一点注意点があります。

それは、頑張って見ないということです。

 

よくありがちなのが

「バットの角度はこうか」

「肘はこうなっているのか」

「足はこの位置か」

 

というように、細かくプレーを観察してしまうことです。

 

野球界の指導者はこのようなことばかりを気にし、選手に意識させますが全くの逆効果です。

野球界の常識は大抵間違っています。

 

ですので色々意識しながら見るのはやめてください。

「うお、すげー!」

「スイングはえー!」

これくらいの感覚で見ましょう。

 

視覚的イメージを作る目的は、身体にその動作を覚えさせるためです

 

【参考記事:インナーゲームで身体に動作を覚えさせる方法】

 

頭で何かを意識すると、せっかく作るイメージが台無しになってしまいます。

ただ眺めてるだけで、感覚と雰囲気を掴めばOKです。

 

自分の頭の中で再生しよう

上手い選手のプレーを見た後は、自分の頭の中でそのイメージを再生しましょう。

目をつむって、録画のように10回程度再生するといいでしょう。

 

その上手い選手のようなバッティングを自分がやっている映像をイメージします。

 

これこそが俗に言うイメージトレーニングです。

 

監督

 自分がホームランを打っている姿をイメージしろ!

 

そんなこと言われても、ホームランなんて打ったことないのにイメージできるわけないんですよね。

 

ほんと野球界にはめちゃくちゃな指導者が多くて、選手はかわいそうです。

 

あわせて読みたい
野球界の間違った常識。うるさい指導者が選手を壊す。そもそもスポーツの喜びとは。野球界には山のように技術論があります。 野球界の技術論はかなり細分化されており、バッティングだけでも構えからフォロースルーまで話せ...

 

上手い選手のモノマネをしよう

動画を何度も見ることで、イメージすることができるようになりました。

イメージできるようになれば、あとは作ったイメージを身体にモノマネをさせるだけです。

 

注意点は、モノマネも細かいところを意識しないでください。

腕の角度、振り出しのタイミング、足の位置など細かいことは一切考えてはいけません。

 

雰囲気とイメージだけでモノマネします。

完璧なモノマネをする必要は一切ありません。

 

その選手になりきってバットを振るだけで、身体は勝手に動いてくれます。

スポーツとモノマネの能力は結構関連していて、実際モノマネが上手い選手は野球センスが高いです。

あわせて読みたい
インナーゲームで野球が上手くなる。才能やセンスのある選手になる方法。散々、このブログではフォームを考えずに「ボールを観ること」が一番大切だと言ってきました。 僕がこの考えに至ったのは、インナ...

 

まとめ

・上手い選手や目指しているの選手のプレーを何度も見る

・目を瞑って頭の中で10回再生する

・モノマネのつもりで、上手い選手になりきってバッティング練習をする

 

上手い選手の動画を見て、イメージトレーニングした後にバッティング練習に臨むと、打てる気がしてなりません。

この「俺めっちゃ打てるんじゃね?」という感覚がすごく大切です。

細かい技術をどうこう考えるよりも、上手い選手のプレーを何度も見て、雰囲気を掴む方が上達の近道です。

 

頑張ってください!

 

⇒【バッティングスランプ脱出法

⇒【守備のスランプ脱出法

⇒【捕る瞬間に「パクっ」と言うだけ

⇒【“ゾーン”や”フロー”に入る方法

⇒【打てない原因は指導者の”言葉”にある

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です