守備

【少年野球】守備基本は1つ「ただボール見て、捕るだけ。」みんなが忘れている大事なこと。

こんにちは。

今回は守備の基本についてのお話です。

守備の基本はどのようなものがあるでしょうか。考えてみてください。

 

「腰を落として捕る」

「両手で捕る」

「体の正面で捕る」

「左足を前に出して捕る」

 

パッと思い浮かんだだけでもこれくらいの基本があります。

僕も少年時代からこれらのことは基本だと習ってきました。

 

しかし、みなさんはもっと大事な基本を忘れています。

むしろそれさえ守れば、他は何も意識しなくてもいいくらい大事なことです。

 

ボールを観ることがおろそかになっている

守備がうまくいかない野球少年がおろそかにしていること。

 

それは「ボールを観ること」です。

 

原因は非常にたくさんある複雑な技術論のせいです。

最近の野球少年は高校生が教わるようなレベルの指導もされています。

確かにたくさん教えてもらうのはいいのことです。

しかしそれらを意識すればするほど、ボールに対する集中がおそろかになっているのも事実です。

 

意識することがありすぎて、困ってはいないでしょうか。

 

少年野球で守備が下手な選手を作っている原因は、こうした技術論が先行したことなのです。

 

技術や身体のフォームにばかり意識が向き、ボールに集中することができないのです。

 

身体を意識しながら、ボールに集中することは不可能です。

 

この事実を野球界の指導者は知らないのです。

 

「意識が足りない!」「もっと意識しろ!」

エラーすればするほど、そう言われる始末です。

あわせて読みたい
【少年野球の守備】腰の高い低いは関係ないし、腰を落とす意識も不要。ゴロを簡単に捕る方法「腰が高い!」 「腰を落とせ!」 「何回言ったらわかるんだ!」 長い野球人生で、僕は何回こう言われてきたのでし...

 

意識が身体に向くと、スムーズな動作は消える

意識が身体に向くことで、早い打球やイレギュラーには対応できなくなります。

そしてもう一つの弊害は、スムーズな動作が消えることです。

 

「腰を落とそう」

「右足を前に出そう」

「手首を柔らかく使おう」

 

このように身体を意識するほど筋肉は硬くなり、動作はぎこちなくなります。

身体の動きというのは、意識ではなく無意識でやるものだからです。

 

【参考記事:意識と無意識】

 

自転車を漕ぐ時、「右足と左足交互に力を入れて…」と意識しますか?

道を歩くときに、「右足をあげて…」と意識しますか?

この文章を読んでいるとき、「左から右に目を動かして…」と意識しますか?

 

しないはずです。

 

それなのに、野球では選手たちは意識しているのです。

それではうまくいくはずもありません。

あわせて読みたい
野球が上達しないのはセンスが原因ではない。フォームを意識しすぎている。野球がなかなか上達しない選手やお子さん、もしくは自分。 そういう選手に限って、めちゃくちゃ頑張っているのに上達しないのは辛いことで...

 

意識は身体ではなく、ボールに。

意識を身体ではなく、ボールに向けることでスムーズな動作と集中が手に入ります。

いわゆるゾーンというのは、身体から意識を解き放ったときに起こるものなのです。

「身体が勝手に動いた」

「なんだかよくわからないけど、とてもいい気分だった」

 

プレー後のインタビューでそのように答える選手は、ただ集中していたのです。

身体をどう動かそうなど一切考えていないのです。

 

【参考記事:超簡単にボールに集中する方法】

 

守備の基本はただ捕って投げるだけ

守備でやることは

・捕ること

・投げること

この2点です。

最近の小学生は守備だけでも何十個の意識をしなくてはなりません。

守備はもっとシンプルなものです。

ただ捕って、ただ投げるだけ。

 

頑張ってください。

あわせて読みたい
【少年野球】守備が下手な選手のための練習法。コツは「1、2」と言うだけ!超簡単な上達法「守備が苦手...」 わかります。僕も守備は嫌いで、基本的にバッティングばかりしていました。 「野球なんてバッティングだけで...
あわせて読みたい
野球センスとは何か。センスの特徴を解説。才能がない選手は努力の仕方が間違っている野球におけるセンスとはなんでしょうか。 私はそれを「無意識に任せてプレーできること」と定義します。 この無意識とは何...
読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です