守備

【少年野球・守備の自主練】壁当てできる簡単なエラー防止トレーニング

守備の自主練習といえば、誰もがご存知「壁当て」です。

壁当ては王道中の王道。

 

僕も少年時代、相手がいない日は暗くなるまで壁当てをしていました。

 

しかし、壁当てをやっていて「これ守備上手くなんの?」と疑問に思うんですよね。

ただ楽しいだけで終わってしまうこともしばしば。

 

そんな選手のために今回は、壁当てでより守備力がアップする方法をご紹介します!

 

特に守備が苦手な選手や嫌いな選手におすすめです。

 

野球界の常識とはかけ離れているので混乱注意です。

捕る瞬間に「パクッ!」

壁当ての効果が上がる方法はとても簡単です。

 

捕る瞬間にパクッ!口に出して言うだけです。

 

言うタイミングは、ボールがグローブに入る瞬間です。

 

これだけで、壁当ての効果が上がるのはもちろん、普段の守備も上手くなります。

 

信じられないと思うので、理由を説明していきます。

ボールが捕れない選手はボールを観てない

捕る瞬間に「パクッ」という練習法は、以前書きました「1、2」守備の壁当てバージョンです。

お話ししたように、守備で一番大事なことは、ボールを観ることです。

捕球の姿勢や、バウンドの合わせ方ではありません。

ボールを観ることが一番大切なんです。

そして、守備ができない選手は決まってボールの見方が下手なのです。

 

今一度、自分に聞いてみてください。

 

 

俺は本当にボールをみているか…?

 

どうでしょう。

普通の選手は「見てるに決まっている」と答えます。

 

しかし次に、こう問うてみてください。

 

他のことを意識してはいないか。

 

「腰を低く」

「バウンドを合わせよう」

「エラーしたらダメだ」

「監督に怒られたくない」

 

もしそんなことを守備中に考えてるのだとしたら、それはボールに集中できていない証拠です。

 

残念ですが、多くの指導者が言っている腰の高さだったり捕る位置だったり足の運び方が守備のうまさを決めるのではありません。

 

全てはボールに集中しているかどうかです。

 

それができて初めて、適切な腰の高さやカッコいい捕り方が自然とできるようになるのです。

だから守備に関しては、フォームがどうかは意識すべきことではなく、どうでもいいのです。

なかなか理解し難いのは承知です!

 

あわせて読みたい
野球が上達しないのはセンスが原因ではない。フォームを意識しすぎている。野球がなかなか上達しない選手やお子さん、もしくは自分。 そういう選手に限って、めちゃくちゃ頑張っているのに上達しないのは辛いことで...

「パクッ」と言うことでボールに自然と集中できる

パクっということのメリットはボールに集中できるということです。

捕る瞬間とぴったり同時に「パクっ」と言うためには、捕るところをきっちり観てないと言えません。

だから「パクっ」と言おうと思うと、自然とボールを凝視するようになるのです。

 

注意したいのは、ここでボールを「見よう見よう」と下手に強く意識しないことです。

 

「パクっ」と言えば、自然な形でボールに集中するので意識は不要です

 

[参考記事:自然に集中するとパフォーマンスが上がる理由]

「パクっ」は全てに使える

「パクっ」は壁当てだけでなく、守備練習のノックや試合にも使えます。

もっと言うと、キャッチボールからできます。

 

守備の一歩目が早くなるスプリットステップもこの方法を利用しています。

 

もちろんバッティングに応用すれば、打てなかった選手はかなり上達します。

 

自分は声に集中することで、身体は無意識でプレーすることができるのです。

 

ぜひ「パクっ」を意識して、壁当てをやってみてください!

 

あわせて読みたい
【少年野球の守備】外野フライが捕れない選手が、捕れるようになる簡単な練習法。外野のフライって難しいですよね。 プロ野球選手を見ていると、いかにも簡単そうに見えますが、全然簡単ではありません。 ...
あわせて読みたい
【少年野球】なぜかボールが捕れない選手へ。真面目で素直な選手ほど下手になる原因を解説。誰でも捕れるようなボールもポロリ。 普通にキャッチボールはできるのに、なぜかポロリ。 僕の場合、特にやらかす...
読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です