「1、2」

【少年野球】守備が下手な選手のための練習法。コツは「1、2」と言うだけ!超簡単な上達法

「守備が苦手…」

わかります。僕も守備は嫌いで、基本的にバッティングばかりしていました。

「野球なんてバッティングだけでいいのに。」っていうくらい守備が嫌でした。

 

全然ボール捕れないし、なんか色々罵倒されるし。

 

腰低くして、前出て、体の正面で、と色々言われたこと全部守りました。

それでも全然捕れるようにはなりませんでした。

 

守備が苦手な原因は、腰を低くすることでも、前に出ることでも、体の正面で捕ることでもないのです。

 

全ては、ボールを観てないことが原因です。

 

今回は、守備が苦手な選手のために、守備が好きになるくらい上手くなる方法をご紹介します。

 

守備が上手くなる方法「1、2」と言おう

指が上手くなる方法。

それは、「1、2」と口に出して言うだけです。

 

言うタイミングは、

・バッターがボールを打つ瞬間に「1」

・自分がボールを捕る瞬間に「2」

です。

笑っちゃいますよね。

これだけで上手くなるわけねーだろと笑

 

それがですね。なるんですよ。

 

詳しく解説していきます。

 

 

 

守備が苦手な選手はボールを観ていない

守備が苦手な選手は、決まってボールを観ていません

 

 

ボールを見ない選手なんているわけねーだろ

 

はい。確かにボールを見ない選手なんていないです。

 

ではもっと細かく言います。

守備が苦手な選手はボールに集中していません。

 

何か他のことを考えているのです。

 

「しっかり捕ろう」

「エラーしたらどうしよう」

「僕は守備が下手なのか」

「腰を低く。もっと低く」

「前に出よう。前に出よう」

 

このようなことを考えています。

 

反対に守備がうまい選手は、ボールにのみ集中しているので、何の思考もしておりません。

いわゆるゾーンの感覚です。

 

「ボールをみる/みない」の指導は当たり前すぎて、言われたことなんてないでしょう。

しかし、これは実際にハーバード大学で研究されたインナーゲームでうまいプレーヤーの共通点だと発見されました。

 

確かに私自身、得意なバッティングではあれこれ考えていません。

バッティングの時は、とにかくピッチャーと対戦している気分です。

 

守備の時のように、自分の身体を意識したり、監督の顔色を伺ったりすることは一切ありません。

 

あわせて読みたい
インナーゲームで野球が上手くなる。才能やセンスのある選手になる方法。散々、このブログではフォームを考えずに「ボールを観ること」が一番大切だと言ってきました。 僕がこの考えに至ったのは、インナ...

「1、2」と言うだけでボールに集中できる

では、集中が上手ではない選手は、どうやってボールのみに集中すればよいのか。

それが「1、2」と口に出して言うことなのです。

 

「1、2」と言うためには、バッターが打つインパクトの瞬間や、ボールがグラブに入る瞬間まできっちりと見ていないと、言えません。

だから、「1、2」と言おうとしたら、自然とボールを観るようになるのです。

 

腰の高さがどうだの、バウンドがどうだの、捕り方がどうだの、ボールを観ること以外は一切考えなくていいです!

考えれば考えるほど、下手になります!

 

野球界には間違った情報がたくさん存在する

「1、2と言うだけで捕れる。」

こんなことを言うと、野球界の頭がカッチカチなおっさんが見たら、「こいつは何言っとんじゃ」と笑われるでしょう。

 

だからいつまで経っても野球界はクソなのです。

指導者は、昔の自分の感覚でしか語らないのです。

「腰を低く」

「グローブを前に」

「腕を柔らかく」

 

そんなこと誰だってわかっています。

それができなくて、少年たちは困っているんです。

 

できない選手を「センスがない」だの「頭が悪いだの」「意識が足りない」と言います。

そんなことは一切ありません。

 

選手はただ真面目にやろうとしすぎて頑張りすぎているだけです。

 

落ち着いてボールを観ましょう。

「1、2」はキャッチボールの時からできます。

ぜひやって見てください。

守備が好きになることを祈っています!

 

(「2」の掛け声は「パクっ!」とかでもいいです)

 

あわせて読みたい
野球界の間違った常識。うるさい指導者が選手を壊す。そもそもスポーツの喜びとは。野球界には山のように技術論があります。 野球界の技術論はかなり細分化されており、バッティングだけでも構えからフォロースルーまで話せ...

 

あわせて読みたい
野球のバッティングでタイミングを合わせる方法。フォームは全く関係ない。全ては1、2のタイミング。野球のタミングが合わない理由。 残念ながら、フォームは全く関係ありません! こう言うと、野球界のうるさいおっさん達に...
読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です