守備

【少年野球の守備】腰の高い低いは関係ないし、腰を落とす意識も不要。ゴロを簡単に捕る方法

「腰が高い!」

「腰を落とせ!」

「何回言ったらわかるんだ!」

 

長い野球人生で、僕は何回こう言われてきたのでしょうか。

とにかく死ぬほど言われました。

小学、中学、高校、内野を守るたびに何度も言われました。

 

自分は頑張って意識してるし、腰が高いなんて全く思っていません。

「腰が高い!」と言われれば言われるほど僕は守備が苦手になり、そしてどんどんどんどん嫌いになっていきました。

 

腰の高さを指摘される選手で、私のように感じている選手はいるのではないでしょうか。

 

今回はそんな選手の、少しでも力になれればなと思い記事を書いていきます。

 

 

エラーと腰の高さは関係ない。ボールに意識を集中していないからエラーする。

驚くと思いますが、そもそもエラーと腰の高さは関係ありません。

腰が高いと言われるのは、エラーした場合に指導者はその原因を「腰の高さ」のせいにしたがるだけです。

 

つまり

腰が高い→エラー

ではなく、

エラー→腰が高いから

という図式です。

 

確かに内野手で腰が極端に高い人はいませんが、あれはボールを上手に捕ろうとした結果として腰が低くなっているだけです。

 

うまい選手は決して「腰を低く」などとは意識していません。

 

ボールに集中すると、腰は自然と低くなる

では、腰が低い選手は何を意識しているか。

 

それはボールです。

ボールを観ることにのみ意識が向いているのです。

 

ボールのみに全神経が集中しているから身体は自然と動き、スムーズな捕球ができるのです。

腰の低さも身体の自然な動きの中で作られます。

 

[参考記事:身体の自然な動きとは]

 

逆に腰が高い選手ほど、色々なことを意識しています。

「腰をもっと落とそう」

「エラーしたらどうしよう」

「足を運ぼう」

「両手で正面できっちり捕ろう」

「バウンドを合わせよう」

 

山ほどのことを意識しています。

断言しますが、そのような選手は「集中」の仕方がのもすごい下手です。

 

人間は身体を意識をするほど各部位の筋肉は硬くなり、スムーズな動きが消えていきます。

 

守備以外にバッティングやピッチングでも同様です。

 

あわせて読みたい
バッティングで打てない理由と原因は指導者の言葉にある。野球界の間違った常識。最近の選手を見ていて思うのは、 「頑張りすぎ」 「考えすぎ」 です。 心の底から野球が楽しいと言えますか...

 

何も考えなくていい。ただ身体に任せるだけでボールは捕れる。

プレーの最中は常に何かを意識してきた真面目な選手には信じ難いでしょうが、身体が自然と勝手に動くのは、実際にあることなんです。

まさにゾーンは最たる例です。

うまい選手は皆そうやってプレーしているのです。

 

次の動画を見てください。

何か意識しながらこのようなプレーができるでしょうか。

 

単純にボールに集中しているだけです。

チームにもいると思います。何も考えてないくせに、うまいプレーをする選手。

まさに集中しているのです。

 

大切なのはボールに集中することです。

集中の仕方が掴めない選手は、「1、2」と数えてボールを捕るのが一番効果的です。

いかに詳しいやり方を書きました。

あわせて読みたい
【少年野球】守備が下手な選手のための練習法。コツは「1、2」と言うだけ!超簡単な上達法「守備が苦手...」 わかります。僕も守備は嫌いで、基本的にバッティングばかりしていました。 「野球なんてバッティングだけで...

 

 

「腰を低く、腰を低く」と意識する必要はありません。

ボールを捕りさえすれば、そのような文句は言われません。

 

あたなのような真面目な選手ほど、私は上手くなるべきだと思っています。

応援しています。頑張ってください!

 

あわせて読みたい
【少年野球・守備の自主練】壁当てできる簡単なエラー防止トレーニング守備の自主練習といえば、誰もがご存知「壁当て」です。 壁当ては王道中の王道。 僕も少年時代、相手がいない日は暗くなる...
あわせて読みたい
少年野球の守備の決め方。ポジションに適正は関係ない!上手い選手になるための考え方ポジションは野球少年にとって重要なものです。 「自分はどこのポジションに向いているのか。」 「そのポジションを守るためにどん...
読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です