スランプ

【少年野球】なぜかボールが捕れない選手へ。真面目で素直な選手ほど下手になる原因を解説。

誰でも捕れるようなボールもポロリ。

 

普通にキャッチボールはできるのに、なぜかポロリ。

 

僕の場合、特にやらかすことが多いのは試合でした。

ファーストを守っていた時、普通の牽制球も捕れないことがありました。

 

素人でも捕れるような球も、なぜか捕れないこの現象。

周りからは笑われるし、監督からは怒られるし、自分では何がなんだかわからないし

 

その頃は、「なんて自分は野球が下手なのか」とすごい悲しかったです。

 

今回はそんな、「簡単なボールも捕れない」とお悩みの選手に向けて、解決策をご紹介します。

 

大丈夫、あなたが下手だからでも、才能がないからでもありません!

 

ボールを捕るとき「1、2」と言うだけで全て捕れる

ボールが捕れるようになるための解決策は非常に簡単です。

相手がボールを投げる、もしくはバッターがボールを打つタイミングで「1」。

ボールをキャッチするタイミングで「2」と言うだけです。

注意点は絶対に口に出して言うことです。

 

めちゃくちゃ簡単ですよね。

 

 

そんなんで直るわけないやん!笑

 

そう思いますよね。

理由は説明していきます。

意識はボールに向けること

まず、ボールが捕れない選手は、意識がボールに集中していません。

 

 

いや、ボールは見てるよ!

 

そう思いますよね。

でも、意識はボールに集中していません。

 

試合や練習中にどんなことを考えていますか?

少し振り返って見てください。

 

「ボールを捕らないと!」

「落としたらどうしよう」

「監督に怒られる」

「ボールを絶対に捕ろう!」

「両手を添えて」

 

こんなことをあれこれ考えてはいないでしょうか。

それこそが、ボールを捕れない大原因です。

 

下手な選手ほど、身体を意識しながらプレーする

下手な選手と上手な選手の差、それは「意識がどこに向いているか」です。

下手選手や、上手い選手でもエラーする時というのは、決まって意識がボールには向いていません。

 

「ボールを捕らないと!」

「落としたらどうしよう」

「監督に怒られる」

「ボールを絶対に捕ろう!」

「両手を添えて」

 

目の前の飛んでくるボールではなく、フォームや手の使い方など身体を意識だったり、監督のことを意識していたりしています。

 

これはバッティングも守備も全てのスポーツで共通していることです。

 

意識が身体に向いていると、余計な力が入り、プレーはぎこちなくなります。

実際に、真面目な選手をみてください。

そんな選手が指導された後は、決まって口元から眉、腕や手首、体全体を無理に動かそうとし、筋肉が固まっています。

 

ボールが捕れないのはフォームが悪いとか、ボーっとしていることが原因ではないのです!

 

真面目や、素直さゆえに他のことを意識しすぎているのです!

 

あわせて読みたい
バッティングのスランプ脱出法。原因はフォームではなくボールが観えていないだけ。守備にも共通。調べてるみると野球のスランプ脱出法は色々あります。 ・逆の打席でスイングする ・早打ちをする ・バットを逆手でもつ...

自分に語りかけるほど、野球は下手になっていく

簡単なボールも捕れない自分に対して、

「もっとしっかりしろ!」

「どうして俺はダメなんだ…」

「才能がない」

 

などと語りかけてはないでしょうか。

それは絶対にやめてください。

 

自分に語りかけるほど自信はなくなり、身体は萎縮し力が発揮できなくなります。

大事な場面でエラーする原因もほとんど自分に語りかけることが原因です。

 

多くの選手が指導者に言われたことを反復するように自分に語りかけています。

「もっと腰を低く」

「肩を開かずに打とう」

「手首で押し込もう」

 

野球界全体を通して、このような現象がが野球を上手くなりにくい体質を作っているのです。

あわせて読みたい
野球が上達しないのはセンスが原因ではない。フォームを意識しすぎている。野球がなかなか上達しない選手やお子さん、もしくは自分。 そういう選手に限って、めちゃくちゃ頑張っているのに上達しないのは辛いことで...

 

「1、2」と言うだけで選手はボールを見るようになる

話を戻しましょう。

「1、2」と口に出して言うだけで、選手はボールを見るようになります。

ボールに対する集中力は今までの何倍までもになります。

なぜなら、「1」や「2」と言うためには、バッターが打つ瞬間や、自分がボールを捕る瞬間をしっかり見ていないといけないからです。

 

ボールを意識しようとせずとも、選手は自然とボールを観るようになります。

 

これを続けていけば、センスのある選手と呼ばれることも可能です。

センスのある選手というのは、意識をボールに向けることが上手なだけです。

 

何も考えていないくせに上手い選手は、ボールに集中するのが上手いのです。

 

簡単なボールが捕れないのはあなたが下手だからではありません。

腐った野球界のせいで、意識の方向が間違っているだけなのです!

 

あわせて読みたい
守備が上手くなる方法。多くの選手はボールが観えていない。バウンドや足の運びは考えなくていい。僕は守備がものすごい苦手でした。 「もっと腰を低くしろ!」 「正面でとれ!」 「バウンドを合わせろ!」 ...

 

あわせて読みたい
守備でエラーしない方法。速いゴロを捕るコツは、ボールだけに集中することバッティング同様、守備が苦手な選手にも共通点があります。 なんだと思いますか。 「腰が高い」 「足が止まっている」 ...

 

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です