守備

【少年野球の守備】反応が早くなる構え方。一歩目が遅い選手はスプリットステップをしよう。反射神経は関係ない。

「集中してんのか!」

「構えが悪い!」

「ぼーっとするな!」

「反射神経ねえだろ!」

今日も守備の一歩目が遅い選手には、罵声が浴びせられています。(時代錯誤

大変辛いことです。

僕も、守備が苦手で一歩目が遅い選手でした。

今回はそんな選手のために、守備の一歩目が早くなる方法をご紹介します。

決して反射神経が悪くても、足が遅くても関係ありません。

これさえすれば、守備の一歩目は必ず早くなります。

バッターが打つ直前にポンッとジャンプする

テニスのスプリットステップというフットワークをご存知でしょうか。

次の動画をご覧ください。

テニスの選手が打つ前に、ポンッと一瞬だけジャンプしています。

これがスプリットステップです。

スプリットステップは着地と共に一歩目を踏み出します。

これを野球の守備に応用するのです。

テニスのサーブは250キロを超える

テニス選手のサーブは250キロを超えます。

少年野球の守備で、そのような打球が飛んでくることはあるでしょうか。

プロ野球でさえ、それほど速い打球はありません。

テニスの選手が250キロに備えるためにやっているのに、僕ら野球選手は真似をしない理由はないでしょう。

圧倒的にテニスより野球の打球は遅いのですから。

実際、プロ野球選手もみんながやっています。

スプリットステップが早く反応できる理由

作用・反作用の法則

スプリットステップはジャンプをして着地をした時に、そのまま一歩目に入っていきます。

ですので、着地時の反動を一歩目のエネルギーに使うことができます。

着地した反動でそのまま一歩目が出てしまう感じです。

両足に体重が均等にかかっているため、360度対応可能

ジャンプをして着地した時は、片足に体重がかかっているということはありません。

体重は両足に均等にかかっています。

野球の守備は前、後ろ、右、左と360度対応しなくてはなりません。

体重が片方に偏っていては、一歩目が遅れます。

インパクトの瞬間に集中するから

そして最後に、インパクトの瞬間に集中するからです。

相手が打つタイミングを図ってジャンプするので、インパクト時に集中しなければスプリットステップはできません。

よって、スプリットステップをやろうとすると、自然をボールを観るのです。

私はこの「ボールを観る」という点が、一歩目が早くなる一番の理由だと考えています。

あわせて読みたい
守備が上手くなる方法。多くの選手はボールが観えていない。バウンドや足の運びは考えなくていい。僕は守備がものすごい苦手でした。 「もっと腰を低くしろ!」 「正面でとれ!」 「バウンドを合わせろ!」 ...

まとめ

守備の一歩目が遅いのはセンスがなかったり、反射神経が悪いからではありません。

バッターがボールを打つインパクト時の姿勢が悪いのであり、一番大事な「集中」をしていないからです。

これらは全てスプリットステップで解決できます。

フリーバッティングの守備でも、ぜひ練習してください。

そのうち、バッターが打つ瞬間は自然とジャンプする癖がつきます。

頑張ってください!

あわせて読みたい
守備でエラーしない方法。速いゴロを捕るコツは、ボールだけに集中することバッティング同様、守備が苦手な選手にも共通点があります。 なんだと思いますか。 「腰が高い」 「足が止まっている」 ...

バッティングでお悩みの少年はこちらも!

あわせて読みたい
バッティングで打てない理由と原因は指導者の言葉にある。野球界の間違った常識。最近の選手を見ていて思うのは、 「頑張りすぎ」 「考えすぎ」 です。 心の底から野球が楽しいと言えますか...
読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です