インナーゲーム

守備でエラーしない方法。速いゴロを捕るコツは、ボールだけに集中すること

バッティング同様、守備が苦手な選手にも共通点があります。

なんだと思いますか。

「腰が高い」

「足が止まっている」

「体の正面で捕っていない」

 

野球をやっていれば、誰でも言われたことのあるセリフです。

はっきり言いますが、これらは全て間違っています。

 

守備が苦手な選手を作っているのは、このようなことを言う指導者です。

 

守備が苦手な選手の共通点、それはボールを見ていないことです。

 

野球界の腐った常識とはかけ離れたことを言いますので、ご了承ください。

 

守備が下手な選手の特徴は、意識が身体に向いていること

下手な選手の特徴は、意識が身体に向いていることです。

先ほどの守備のアドバイス例をもう一度。

 

「腰が高い」

「足が止まっている」

「体の正面で捕っていない」

 

こう言われた選手は、何を意識してプレーするでしょうか。

 

「腰を低くしよう」

「足を動かそう」

「ゴロの正面に体をもっていこう」

 

このような意識でプレーすると思います。

 

さて、意識はどこに向いているでしょうか。

 

そうです。身体なんです。

決して、ボールには向いていないのです。

これが下手な選手の特徴です。

身体を意識するほど力が入り、動作はぎこちなくなっていく

え?

身体を意識しながらプレーすんのって当たり前じゃん!

そう思われた方もおられるでしょう。

 

残念ながら、その当たり前こそが間違っているのです。

 

それは、山のように複雑な技術論が蔓延っている野球特有の感覚です。

全てのプレーに対して、細部から細部まで教科書的な「正しいこと」が用意されている野球界は、「選手とは指導されて初めて伸びるもの」と思っているのです。

自分で感じとり、自分で上手くなるという、スポーツ本来の姿を知らないのです。

 

 

身体を意識しながらプレーする選手はどうなるか。

なんとか指導されたことを実行しようと、頑張ります。

口元は硬くなり、眉もじり上がり、腕や手首はカチカチになっています。

そこにスムーズな動きは消えていくのです。

 

真面目な選手ほど指導者の言うことを一生懸命守ろうとし、心の中で自分に語りかけることを頻繁にするのです。

これが最悪パターンです。

そのような状況では絶対に集中状態は生まれず、いいプレーなど絶対にできません。

 

あわせて読みたい
【野球】ゾーンやフローとは。集中状態に入る方法。「あいつは今、無我の境地にいる」 「無我夢中でプレーしている」 「何も考えていないみたいだ」 「自分が何をしているのか...

 

5年ぶりに自転車に乗っても、身体を意識することはない

誰しも、身体にガチガチに意識を向けなくても、運動はできるという経験をしているはずです。

センスや才能があると言われてきた選手はよくわかると思います。

何も考えていないのに、身体が勝手に動いた。」

何かよくわからないけど、ものすごい気持ちの良い瞬間だった。

いわゆるゾーンやフローといった状態です。

 

(選手時代にゾーンに入ったことのない指導者が多すぎるものまた問題なのですが…)

 

 

ゾーンの経験がなくても、身体に任せて何も意識していない状態を誰しもが経験しています。

それは自転車です。

自転車に乗る時、

「バランスを取ろう」

「右足と左足、交互に力を入れよう」

なんてことは考えないでしょう。

 

もっと言いますと、夕飯の唐揚げを箸で取る時に

「右手を伸ばそう」

「人差し指に力を入れて、箸を閉じよう」

なんて意識するでしょうか。

 

みなさんは野球で、このようなことをやろうとしているのです。

いかに馬鹿げているかわかりますね。

 

身体は僕らが思っている以上に優秀です。

僕らが無理して指導(意識)する必要なんて何もないのです。

 

自転車に乗れなくても、唐揚げを掴めなくても、何回もやっているうちに身体は自然上達していきます。

 

運動とは、意識を捨てていかに身体に自然なパフォーマンスをさせるかが重要なのです。

 

何も考えていないように見えるバカっぽい選手の方が、スポーツ上手かったりしますしね。

 

上手い選手の特徴は、意識をボールに向けていること

上手い選手は意識をボールに向けています。

守備で一番大事なことは「ボールを観ること」なんです。

 

あなたはボールを観ていますか?

頭の中で、捕り方や足の運び方を意識をしているのではないでしょうか。

それではボールに集中しているとは言えません。

 

ボールを観ることに集中するだけで、身体は勝手に動いてくれるし、反応してくれます。

 

おすすめはボールの縫い目を見ようとすることです。

打球の縫い目なんて見えるわけありませんが、それを見よとすることですごい集中できます。

邪魔な意識なんてできません。

 

これはバッティングでも全て同じです。

 

自分の体を信じてプレーしてください。

何回も繰り返すことで身体は勝手に上手くなっていきます。

 

あわせて読みたい
守備が上手くなる方法。多くの選手はボールが観えていない。バウンドや足の運びは考えなくていい。僕は守備がものすごい苦手でした。 「もっと腰を低くしろ!」 「正面でとれ!」 「バウンドを合わせろ!」 ...

 

さいごに

このような選手たちが守備中に何か意識してると思いますか?

絶対にしていません。

ただ、ボールに集中しているだけです。

そうすると身体が勝手に動いてくれます。

 

今はまだ、信じられないかもしれません。

それでも是非やってみてください。

あなたの守備は変わります。

あわせて読みたい
バッティングで打てない理由と原因は指導者の言葉にある。野球界の間違った常識。最近の選手を見ていて思うのは、 「頑張りすぎ」 「考えすぎ」 です。 心の底から野球が楽しいと言えますか...
読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です