ゾーン

【野球】ゾーンやフローとは。集中状態に入る方法。

「あいつは今、無我の境地にいる」

「無我夢中でプレーしている」

「何も考えていないみたいだ」

「自分が何をしているのかすら意識していないみたいだ」

 

このように例えられる選手は時々現れます。

まさに、「ゾーン」や「フロー」という状態のことです。

今回はそんな、「ゾーン」の説明をしたいと思います。

 

⇒【守備のスランプ脱出法

⇒【バッティングのスランプ脱出法

 

自分を忘れ去った時にこそ、ベストな力が発揮される

まず考えてもらいたいのは、あなたは野球のプレーをする時にどのようなことを考えていますか?

また、何を意識していますか?

 

「最短距離で打とう」

「もっと腰を回そう」

「フライをあげちゃダメだ」

 

このように「こんなふうにして打とう」と考えているならば、ゾーンには一生たどり着けません。

真面目な選手ほどうるさい指導者のせいで、ゾーンに入れずパフォーマンスが上がらない傾向が強いです。

かつての私もそんな選手でした。

 

 

反対に、ゾーンに入る選手というのは「いかにして打つべきか」などは一切考えていないのです。

 

ゾーンの選手に共通しているのは、精神部分があまり活動していないということです。

 

つまり、考えが働いている時は、ベストなパフォーマンスなど発揮されないのです。

これは皆さんも経験があるのではないでしょうか。

色々頭で考えながら打席に入った時と、ただボールにのみ集中して打席に入った時。

 

 

ここで注意して欲しいのが、

何も考えない」というのは「何も意識していない」とは明確に違うということです。

これは重要なポイントです。

 

意識は高まっているが、思考はしていない

 

ゾーンにいる選手は、ボールや相手ピッチャー、グラウンドの状況など外への意識が高まっています。

決して、自分に対して「ああしろ」「こうしろ」と指示を出したり、打ち方を考えたり、さっきのミスについて考えながらプレーしている訳ではないのです。(内側への意識)

 

バッティングで言うならば、意識は自分の体ではなく、ボールにあるのです。

あわせて読みたい
野球のバッティングにおける集中力とは、ボールを観ること。下手な選手はボールを見ていない。野球においての集中とは、「ボールをみること」です。 「は?そんなん当たり前じゃん。」 そう思われますよね。 ボールを見...

 

このようにゾーンに入るような選手は自己対話がないため、セルフ2(無意識)に任せてプレーをするので、身体はよりスムーズな動きが成せるのです。

[セルフ1(意識)、セルフ2(無意識)とは?]

 

このような状態は、選手が思考をするまで続きます。

思考をしてしまうと、ゾーンは終わってしまいます。

危険なのは、ここで指導者が

「鈴木、今日はいいバッティングをしているな。どこか変えたのか?」

と聞いてしまうことです。

そうすると、選手は思考を始めます。

 

いい状態のコントロールを試みようとした時に、セルフ1が登場し、筋肉はこわばってスムーズな動きは一瞬にして消えてしまいます。

 

⇒【センスとは無意識のこと

 

無意識の状態とは、焦点が絞り込まれていること

無意識の状態とは、焦点が一つに絞り込まれており、精神がそれに集中していることです。

集中しきっている状態の時には、もはや肉体がどのように動いているかなど、考える余地もないのです。

もちろん、うるさい監督の指導を思い出している余地もありません。

これがスポーツにおけるベストパフォーマンスが発揮され、なおかつ選手がもっとも喜びを感じる瞬間です。

 

スポーツ本来の楽しみとはこの瞬間にあるのです。

 

以上がゾーンの説明です。

 

 

今の野球界は、指導者が目先の技術習得ばかりを優先し、「ああしろ」「こうしろ」と選手を縛っています。

 

だから私は、野球界がクソだと言っているのです。

 

⇒【フォームは関係なし。タイミングを合わせる方法

⇒【守備一歩目を早くするステップのやり方

⇒【バッティングスランプ脱出法

⇒【打てない原因は指導者の”言葉”にある

 

 

[コラム]

あわせて読みたい
野球界の間違った常識。うるさい指導者が選手を壊す。そもそもスポーツの喜びとは。野球界には山のように技術論があります。 野球界の技術論はかなり細分化されており、バッティングだけでも構えからフォロースルーまで話せ...

 

 

 

 

[参考図書]

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です