バッティング

バッティングで打てない理由と原因は指導者の言葉にある。野球界の間違った常識。

最近の選手を見ていて思うのは、

「頑張りすぎ」

「考えすぎ」

です。

 

心の底から野球が楽しいと言えますか?

僕の現役時代はNOでした。

 

僕のように、野球は上手くなりたい気持ちが強い故、内面の苦痛や苛立ちを感じている選手は少なくないのではないでしょうか。

 

それらは、うるさい指導者や技術論がはびこり、選手自身が自分を信頼していないことが原因です。

 

あわせて読みたい
野球界の間違った常識。うるさい指導者が選手を壊す。そもそもスポーツの喜びとは。野球界には山のように技術論があります。 野球界の技術論はかなり細分化されており、バッティングだけでも構えからフォロースルーまで話せ...

 

常識とはかけ離れたことを言うのでご留意ください。

しかし、これがスポーツ本来の形だと私は思っています。

 

 

打てない原因は言葉が邪魔している

バッティングには大事なことがたくさんあります。

「やってはいけないこと」と「やるべきこと」

体を開かない、テイクバックを大きく、頭をブラさない、ヘッドを立てる、踏み込んだ足を動かさない、リストを柔らかく

といったような技術論のことです。

 

「こうすればうまくいく」

と、選手は指導者から上にあげたようなことを指導されます。

 

このようにして選手は打てなくなっていきます。

選手は指導されればされるほど、意識は自分の体に向いていくのです。

 

「もっと肘をこうしよう」

「もっと足を曲げよう」

「もっとインパクトで力をこめよう」

 

選手の表情を見たことはありますか?

指導された選手は意識をします。

すると口周りの筋肉は硬くなり、眉はじり上がり、腕は力が入ってカチカチ。途端にスムーズな動作は消えていきます。

 

選手はますます自らの身体に意識を集中させ、その結果、ボールを見なくなります。

 

筋肉はこわばり、スイングはぎこちない上にボールを見ていないのですから、それはもう最悪の状態です。

 

言葉ではなく、視覚的イメージを作る

「筋肉に言葉は通じない」

これだけは覚えておいてください。

 

では、選手にものを伝える時はどうしたらいいか。

それは視覚的イメージを作ることです。

自分がやって見せてもいいですし、うまい選手のを見てもいいです。

 

この時、どこがどうなっているかを考えてはいけません。

あくまでヴィジュアルで覚えるのです。

それが終われば、自分の頭の中で10回ほど再生させます。

 

あとは選手が自分で修正するのを見守るだけです。

とにかく言葉数を減らしてください。

指導者が喋れば喋るほど、選手の動きはぎこちなくなります。

 

自分が選手の方は、言葉を使わないことです。

自分に対して、「もっとこうしよう」とかはやめましょう。

とにかく、視覚的イメージを再現する感覚のみでいいのです。

ボールに集中することで、無意識の状態になる

選手にああしろこうしろと言うものだから、選手は自分の身体を意識してプレーをします。

これが選手が上達しない原因です。

また、センスがないと言われる選手のほとんども身体ばかりを意識しています。

 

スポーツにおいてもっとも集中している状態というのは、焦点が一点に絞られいる状態です。

そしてその焦点というのは、ボールや相手などの外側に向いているべきなのです。

 

焦点がボールにのみに向いている場合、肉体がどう動いているかを考える余地はありません。

この状態になってようやく、選手は自然上達していきます。

指導者があれこれ言わなくても勝手に上手くなっていきます。

 

自然上達とは、選手自身も自ら考えてやっているわけではありません。

自然にプレーを繰り返すほど体が勝手に改善していくのです。

 

ゾーンやフローと呼ばれる状態も、まさに焦点が1点にのみ向いているこの状態のことです。

 

「指導者の助言なしに上手くなるなんてありえない。」

そう思ってるのではないですか?

それこそがまさに野球界が終わっている理由です。

 

大した指導者がいない高校からも有名選手は出てきます。

もっというと、なぜ南米のスラム街からW杯選手が出てくるのでしょうか。

 

野球界に大量に存在する技術論こそ、選手を苦しめる害悪なのです。

 

あわせて読みたい
インナーゲームで野球が上手くなる。才能やセンスのある選手になる方法。散々、このブログではフォームを考えずに「ボールを観ること」が一番大切だと言ってきました。 僕がこの考えに至ったのは、インナ...

 

あわせて読みたい
野球のバッティングでタイミングを合わせる方法。フォームは全く関係ない。全ては1、2のタイミング。野球のタミングが合わない理由。 残念ながら、フォームは全く関係ありません! こう言うと、野球界のうるさいおっさん達に...

 

 

[参考図書]

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です