スランプ

野球のバッティングでタイミングを合わせる方法。フォームは全く関係ない。全ては1、2のタイミング。

野球のタミングが合わない理由。

残念ながら、フォームは全く関係ありません!

 

こう言うと、野球界のうるさいおっさん達に怒られそうですけど笑

まじで関係ありません。

 

というか、フォームとタイミングってどこで繋がるんですか。意味不明です。

 

そもそも野球界には間違った情報が溢れすぎ。

「このタイミングでテイクバックを〜」

とか

「このタイミングで足をあげて〜」

とか。

そんなんクソどうでもいいです。

 

つーか打てる奴ってそんなこと気にしてませんからね。

 

⇒【センスのない選手は”意識”が邪魔をする

 

タイミングとは

そもそもタイミングとは、

「自分の思ったタイミングで、バットの芯をボールに当てることです。」

 

「タイミングが合わない」ということは、自分が「ここだ!」と思ったタイミングで、バットとボールが合ってないということです。

 

つまり

・自分が「ここ!」と思った時に、バットがそこにない

もしくは

・自分が「ここ!」と思った時に、ボールがそこに来ていない

もしくはその両方なわけです。

 

シンプルじゃないですか?

 

打てない選手は、「ここ!」と思った時に、ボールとバットがずれてるんです。

自分とバットとボールの位置に感覚のズレがあるから生じる問題です。

 

⇒【バッティングスランプ脱出法

 

タイミングを合わせる方法

タイミングを合わせる方法をお教えします。

それは、

「1、2」

と口に出していうだけです。

ピッチャーがボールを離す瞬間を、1

バットでボールを打つタイミングを、2

 

笑っちゃいますよね。

 

冗談ではありません。

 

これだけで本当にタイミングが合います。

 

「1、2。」

必ず口に出して言ってください。

なるべく大きな声でです。

 

これを言いながらバッティングすると、徐々に芯に当たるタイミングが合ってきます。

 

「1、2」のタイミングが体に馴染んで来て、テイクバックや振り出すタイミングなどは自然と合ってきます。

 

逆に2のタイミングが合わないのであれば、バットが遅れているか、言うタイミングがずれているということです。

繰り返すほど、体の感覚とタイミングが一致してきます。

 

「自分でもうちょっと早く!」

「ちょっと遅いな!」

とかいちいち頭で考えないでください。

 

ただ「1、2」と言って打ち続けるだけ体が勝手に調整してくれます。

 

⇒【守備で大事なのはタイミング

 

「1、2」でバッティング集中力が上がる

 

2のタイミングで「2!」と言うには、インパクト時にボールをしっかり見ないとできません。

 

これが、より打てるようになる秘訣なのです。

インパクトまできっちりボールを見ようとしている選手はほとんどいません。

 

「1、2」とだけ数えるだけなのでセルフ2(無意識)も思う存分力を発揮してくれます。

 

この1、2バッティング法はほんとすごい効果があるんですよ。

 

皆さんも騙されたと思ってやって見てください!

 

「野球はタイミングが命だ」と言いますけど、あれは本当ですね。

フォームを何一つ変えることなく、打てるようになるのですから、不思議なものです。

 

フォームを気にせずバッティングをするようになってから始めて、バッティングが楽しくなります。

 

頑張ってください!

 

⇒【守備一歩目を早くするステップのやり方

⇒【バッティングスランプ脱出法

⇒【野球上達の鍵は”無意識”にある

⇒【“ゾーン”や”フロー”に入る方法

⇒【打てない原因は指導者の”言葉”にある

 

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です