インナーゲーム

インナーゲームで野球が上手くなる。才能やセンスのある選手になる方法。

散々、このブログではフォームを考えずに「ボールを観ること」が一番大切だと言ってきました。

 

僕がこの考えに至ったのは、インナーゲームという本を読んだからです。

 

インナーゲームとは、てっとり早く言うと集中する方法です。

で、そのスポーツにおける集中とは、自我が邪魔せず、身体が勝手に動いている状態のことを言います。

 

ちょっと難しいですね。

わからなくても大丈夫です。

 

「なぜ何も考えていない、バカっぽい選手の方が野球がうまいのか」

「なぜ色々フォームなどを研究して毎日素振りをしているのに、僕は打てないのか」

その謎をインナーゲームで説明することができます。

 

僕も野球の努力は誰よりもしました。研究もたくさんしました。

しかし、僕よりもバッティングがうまい選手はたくさんいるんです。

 

今回はそんなかつての僕のような選手に向けて、ぜひインナーゲームを解説したいと思います。

 

⇒【劇的に変わるタイミングを合わせる方法

⇒【ゾーンやフローに入る方法

 

セルフ1とセルフ2

インナーゲームでは自分が二人いると考えます。

セルフ1:自分(意識)

セルフ2:自身(無意識)

 

この概念は大事なので、ぜひ覚えたいところです。

 

人間は行動の90%は無意識によるものだと言われています。

現に今あなたが頬杖を付いていたり、今の姿勢になったのも無意識によるものです。

 

スポーツの場合も無意識が大切で、意識が通用する部分はほとんどありません。

 

ここですでに疑問ですよね。

 

監督 

もっと意識しろ!

コーチ 

意識が足りないから直らないんだ!

 

コーチや監督には散々そう言われてきたはずです。

 

大丈夫です。無視してください

野球界はアホなおっさんばかりで間違った情報がはびこってます。

チームにいるチャラ男のように、無視することから上達は始まります。

それに、なんの勉強もしてこなかったおっさんより、ハーバード大の実際のテニスプレーヤーである研究者の方が言ってることの方が100%信用できます。

 

現に体感して僕もそうでした。

というか今まで「意識して」プレーしてきたのに、上手くならなかったわけですからね。

やはりあいつらの言っていることは何かがおかしいのです。

 

スポーツは、日常生活よりもかなり高度な動きをします。

ピッチャーがボールを投げてから0.4秒で判断しないといけないし、打球もものすごいスピードで飛んできます。イレギュラーもあります。

 

つまり、スポーツの世界ではセルフ1の「意識」が活躍できる場なんかありません。

いかにセルフ2がプレーをするかで決まってきます。

 

⇒【野球界は指導者がうるさい

 

セルフ2の邪魔をしないこと

才能やセンスに溢れる選手は、何も考えていない(ように見える)選手が多いです。

それはなぜか。

セルフ1(意識)がセルフ2(無意識)を邪魔していないからです。

 

反対に真面目な選手ほど、プレーの最中にセルフ1ばかり出てきます。

 

「もっと肘をあげろ!」

「もっと腰を低く!」

「今のはだめだ!もっと力を抜いて」

 

これらは全てセルフ1の声です。

セルフ1がセルフ2(無意識)に命令しているのです。

これでは、セルフ2が出る幕などありません。

感情的になる選手が下手くそなものも、セルフ2を邪魔しているからです。

 

セルフ2をもっと信頼しましょう。

スポーツは無意識に任せないと絶対に上手くいきません。

 

ゾーンやフローと呼ばれるのもセルフ2がプレーをしているということです。

 

⇒【“無意識”が速いゴロを捕ってくれる

 

ご飯を食べるときに腕の使い方を意識するか?

箸を使って、ものを食べるところを考えてみてください。

セルフ1は出てきているのでしょうか?

 

「よし、まずは右腕を伸ばそう。

よし、もっと伸ばすんだ。そしてあの唐揚げを取ろう。

おっけー、あとは人差し指に少し力を入れて、上側の箸を動してとるだけだ」

 

こんな風に考えてご飯を食べる人はいません。

「唐揚げを食う!」と決めたら、それまでの動き方はセルフ2が決めるのです。

 

唐揚げを取ろうという目的を定めるのと、体を動かすのは自分の意志ですが、それまでのプロセスは全て無意識によるものです。

 

 

意識しないと上手くならないんじゃ…

 

心配ありません。セルフ2(無意識)は上手くなります。

箸も失敗してでも何回も練習すれば、箸が上手く使えるようになりましたよね。

そのとき、「もっと力を入れよう」とか「指の角度が〜」とか気にしていましたか?

単に、失敗成功を繰り返していただけだと思います。

無意識は脳でそれをインプットしているので、

「こうすればこうなる。」

というのを勝手に学習しています。

 

 

バッティングや守備も同じなのです。

 

体に任せて、あとは練習を繰り返すだけです。

 

唐揚げをとる時は一回一回セルフ1で命令しないのに、どうしてもっと難しいバッティングではセルフ1を使うのでしょうか?

 

 

私が「ボールを観ることが一番大切、あとは勝手に打てるようになる」

と言っているのはセルフ2でプレーするためです。

 

集中するとはつまり、セルフ1が邪魔せず、セルフ2に任せて最大パフォーマンスを発揮することを意味するのです。

 

⇒【ゾーンやフローに入る方法

⇒【バッティングスランプ脱出法

⇒【守備のスランプ脱出法

⇒【バッティングの集中力とは”ボールを見ること”

⇒【劇的に変わるタイミングを合わせる方法

⇒【守備の一歩目を早くする方法

 

 

 

[参考図書]

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です