スランプ

バッティングがわからない人へ。真面目な選手ほど陥るスランプを脱出する方法

「バッティングがわからない」

 

この気持ち、めちゃくちゃわかります。

何度僕もそう思ったことか。

バッティングがわからない時というのは、もうバッティングが意味不明なんです。

そもそもあんなに小さいボールにバットを当てられるのが不思議に思えるくらい。

 

もう一生打てないんじゃないかとすら思います。

今回はそんな真面目に考え込む選手に向けた記事です!

ある一点を変えれば、また打てるようになります!

 

⇒【打てない原因は指導者の”言葉”にある

 

ボールは観えているか

「もっと肘をたため」

「テイクバックを大きくとれ」

「踏み込みが弱い」

コーチや親、外野の連中に散々うるさく言われていることでしょう。

それを言われるたびに、

真面目な選手 

だめだ。全然できていない….

 

と自分を責め、さらに追い込む真面目なプレーヤー。

 

こんな真面目な選手こそ、まさにスランプに陥りやすいのです。

 

反対に、向こうのゲージでバットを振っているおバカなあいつは、何も考えていないくせにバカスカ打っている。

よくあるシーンです。

 

真面目な選手は大事なことを忘れています。

 

それは

 

「ボールを観る」

ということです。

スランプのあなたはボールを観ていません。頭の中であれこれ考え、イライラし、バッティングをしているとはとても言えない状況です。

 

⇒【バッティングスランプ脱出法

 

バッティングとはボールを観てバットを振ること

一旦、フォームやうるさい監督のことを忘れて、ボールを観てバットを振りましょうよ。

それが野球です。

勘違いして欲しくないのは、

 

何も考えてないおっさん

難しいことは考えるな。バットを思いっきり振れば打てる!

 

と言いたいのではありません。

 

ボールを観ることが一番大事なんだよ」ということを言いたいのです。

ボールを観るというのは、ボールに集中するということです。

 

もしバッティングの最中に頭であれこれ考えているのなら、それはまだボールを観ているといえないですし、集中なんて一ミリもできていません。

 

打つ選手というのは何も考えていないのではなく、ピッチャーが投げるボールにのみ集中しているのです。

 

あわせて読みたい
バッティングのスランプ脱出法。原因はフォームではなくボールが観えていないだけ。守備にも共通。調べてるみると野球のスランプ脱出法は色々あります。 ・逆の打席でスイングする ・早打ちをする ・バットを逆手でもつ...

 

ボールを観るトレーニングをしよう

スランプに陥りやすい選手はボールの観方がだいぶ下手くそです。

まずは自分はどんな感じでボールが観えているかを打席で確認しましょう。

言葉にしなくていいです。

どんな感じで観えているかを確認するのです。

 

打てる時の見え方と、打てない時のボールの観え方は全然違います。

 

僕の場合、「ボールを観察する」という感覚が一番しっくりきました。

 

「どんなボールなんだろう」

「どんな動きをするんだろう」

 

興味をもってわくわくするという感覚です。

 

ボールが観えるようになったら、自ずと打ち方もわかってきます。

ぶっちゃけ、ここまで野球を頑張ってきた選手にフォームもクソもありません。

ある程度の実力はあるのですから、ボールを観てバットを振るだけです。

 

いちいちフォームで悩んだり、バッティングの結果で落ち込んでいる暇があるなら、目の前のボールの観え方を確認してください。

打てない時はなぜか観え方がおかしいです。

最高に打てる時はボールが止まって観えます。

 

 

「ボールを観る。ボールに集中する。」

 

これだけで、あなたのスランプは治ります。

 

⇒【バッティングスランプ脱出法

⇒【守備のスランプ脱出法

⇒【守備一歩目を早くするステップのやり方

⇒【“ゾーン”や”フロー”に入る方法

⇒【打てない原因は指導者の”言葉”にある

 

参考図書

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です