インナーゲーム

野球界の間違った常識。うるさい指導者が選手を壊す。そもそもスポーツの喜びとは。

野球界には山のように技術論があります。

野球界の技術論はかなり細分化されており、バッティングだけでも構えからフォロースルーまで話せばキリがないほど存在しています。

 

複雑で山のようにある技術論が、全国の野球にプロフェッショナルな(笑)監督さんやコーチさんの頭の中に大量に詰め込まれています。

野球指導者に限らず、近所のおっちゃんなどの野球経験者も皆、野球に対しての持論を持っています。

 

そして、この複雑な技術論とうるさいおっさん供こそが野球界を腐らせているのです。

 

⇒【センスのある選手になる方法

⇒【打てない原因は指導者の”言葉”にある

 

野球界では幼い頃から、技術を詰め込まれる。

私も幼い頃からたくさんのことを教えていただきました。

 

「構えは低く構えた方がいい」

「足は上げずに、すり足で打った方がいい」

「テイクバックで肩が後ろに入りすぎている」

「もっとグリップから出すように振れ」

「ヘッドを立てろ」

 

小学生の頃から、このようなことを「一回のスイングで全てやれ」と意識させられるのです。

 

当時は私もまだ子供。

「僕は全然できていないんだ。もっと意識しよう」

監督や指導者は絶対的存在であり、彼らの言うことを盲信していました。

 

このような体質は、高校野球までずっと変わらず、野球界を通してこのような感じでした。

 

今の自分なら、間違いなくそれらがクソであったと断言できます。

 

このような野球界の体質では選手は絶対に育ちません。

 

問題点は二つあります。

・選手のプレーの目的は指導者の期待に応えることであり、それができない選手は自己不信や恐れを抱えながらプレーすること

・技術指導ありきの野球であるため、自分で上手くなるという考えがそもそもなく、感じとるというスポーツの一番の上達方法であり、喜びを阻害していること

 

あわせて読みたい
バッティングで打てない理由と原因は指導者の言葉にある。野球界の間違った常識。最近の選手を見ていて思うのは、 「頑張りすぎ」 「考えすぎ」 です。 心の底から野球が楽しいと言えますか...

 

自分と会話しながら上手くなることはできない

スポーツというのは体を動かすことであり、本来はもっと無邪気なものです。

現代のスポーツは全てがシステマチックであり、野球を始めた小学3年生からすでにメニューが用意されています。

初心者の頃から「こうしなければならない」という答えがあり、それに向かって練習をするという図式です。

そしてそれらの「こうしなければならない」は指導者によって用意されています。

前述した複雑な技術理論がこれにあたります。

 

このような状況では「選手の良い悪い」は指導者によって審判されます。

 

複雑な技術理論とうるさい指導者。

 

最近の選手は「自分自身との会話」が多いのは、この二つが原因だと思っています。

「いいぞ、もっとやれ」

「その調子!」

「だから言ったじゃないか」

「しっかりやれよ」

 

選手は、プレー中にそのような自己対話ばかりしているのです。

 

それらは選手の最大パフォーマンスを発揮する大きな妨げになっています。

あわせて読みたい
【野球】スランプの原因は感情にある。余計なことは考えず、ボールを観ることに集中しようスランプの最中というのはとても苦しいものです。 僕もスランプの多い選手でした。 「なんで打てないんだ......」 「...

 

 

 

スポーツには二つの自分がいると考えてください。

セルフ1(意識)

セルフ2(無意識)

 

セルフ1は自分に対して命令をくだす「自分」です。

セルフ2はそれを実行する「自身」です。

 

自身をコントロールし支配しようとするセルフ1が口数が少なければ、少ないほどパフォーマンスは上がります。

 

いわゆるゾーンやフローと呼ばれるのものです。

 

セルフ2には人間にとってもっとも特徴的な「感性」の領域が踏まれています。

 

指導者がうるさくなり選手が自己対話を始めるほど、セルフ1が自身を支配し、セルフ2の場面はなくなっていきます。

 

⇒【“意識”と”無意識”が上達を決める

 

感じとることが上達の近道

山のようにある技術理論のおかげで、選手は技術指導ありきの練習になっています。

自分で「感じとる」という行為を疎かにした選手は絶対に伸びません。

 

何か問題があった時、すぐに技術理論に走ろうとします。

スポーツはあくまで体が行うものです。

いくら技術理論を詰め込んだところで、プレーをするのはセルフ2であります。

 

この感性を鍛えることこそがスポーツの上達への一番の近道です。

目先の技術にとらわれ、すぐに指導者は助言をしますが、大切なのは選手の感じとる力を育むことです。

 

自分で感じ取り、体はできなかったこともできるようになっていく。

これがスポーツをやっていて最高の楽しみではないでしょうか。

 

スラム街の道端からも、ワールドカップ選手は生まれます。

 

指導者はスポーツの喜びを奪っているのです。

 

⇒【“ゾーン”や”フロー”に入る方法

⇒【守備一歩目を早くするステップのやり方

⇒【バッティングスランプ脱出法

⇒【野球上達の鍵は”無意識”にある

⇒【打てない原因は指導者の”言葉”にある

 

 

[参考図書]

 

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です