スランプ

バッティングのスランプ脱出法。原因はフォームではなくボールが観えていないだけ。守備にも共通。

調べてるみると野球のスランプ脱出法は色々あります。

・逆の打席でスイングする

・早打ちをする

・バットを逆手でもつ

・アッパースイングにする

 

僕もスランプの多い選手でした。

そんな僕から言わせてもらえば、上のどのスランプ脱出方法も全然意味ありません。

スランプは深まるばかりでほとんど改善されません。

もっともっと大事なことが抜けています。

 

僕のような、あれこれフォームなどを細かく考える選手はスランプの回数が多いです。

今回はそんな選手に向けて、一番効果のあるスランプ脱出法をお伝えします。

 

⇒【センスのない選手は”言葉”で考えている

 

そもそもボールを観てる?

いろんな練習やフォームを試しても、なかなか打てるようにはならないスランプ選手…

そんな選手達には決まって共通点があります。

それは、

ボールを観ていません

 

え?と思いますよね。

ボールをみずにどうやって打つんやと。

そうなんです。

打てない選手ほどボールを見ているつもりで、全然観えていないんです。

 

ボールを「観る」と「見る」

ボールを「見る」ことなら誰でもやっています。

野球をやったことのない人ですらできます。

 

バッティングにおいて一番大切なのは、ボールを「観る」ことです。

「見る」ではなく「観る」です。

観るというのは観察に近い感覚です。

ぼんやりと見る「見る」とは違います。

 

観るためには集中していないといけません。

他のことを考えながら、ボールを観えるなんてことは絶対にできません。

 

どうでしょうか。バッティングの最中、他のことを考えてはいないでしょうか。

フォーム、結果に対するイライラ、うるさい監督。

それではボールはまず観えていません。

 

逆に、過去の調子のいい時にボールが止まって観えたことはないでしょうか?

ボールに集中している感覚とはあれのことです。

 

あわせて読みたい
野球のバッティングにおける集中力とは、ボールを観ること。下手な選手はボールを見ていない。野球においての集中とは、「ボールをみること」です。 「は?そんなん当たり前じゃん。」 そう思われますよね。 ボールを見...

フォームを意識しながらボールに集中することなど不可能

スランプの選手はあれこれ考えます。

「肘を畳んで打とう」

「体を開かずに打とう」

「テイクバックを大きくとろう」

 

そんなことを考えながら、コンマ何秒のボールを打つことは絶対に不可能です。

324+9857を計算しながら、自分の家の住所を言ってみてください。

 

無理ですよね。

 

つまり、スランプの人はこのようなことを野球でやろうとしているのです。

 

まずは、ボールを観ることからやり直しましょう。

 

バッティング練習の打席で、

「自分はボールが観えているか」

「自分はどんなふうにボールが観えているか」

 

まずはそれを確かめてください。

 

人それぞれ、いい感じにボールが観えるようになるコツがあります。

 

僕の場合は、ボールに興味をもつという感覚でした。

「どんなボールなんだろう」

そう思いながら、観察に近い感覚でボールを観ると打てるようになりました。

 

「ボールを見よう!ボールを見よう!」と力んではいけません。

ただボールを観察するのです。

 

それがボールに集中しているということです。

 

⇒【バッティングの集中力とは”ボールを見ること”

 

ただボールを観て、打つだけ

真面目な選手ほど、バッティングを難しく考えすぎです。

ボールを観ましょう。そしてバットを振りましょう。

シンプルなことです。

自分が「どんなふううにボールが観えているか」だけに注意を向けましょう。

 

スランプの今はフォームや打ち方など気にすればするほど、集中から遠ざかります。

 

ボールに集中ができて、打てるようになってくると、自然といいフォームにもなってきます。フォームは後からついてくるのです。

 

まとめ

・スランプの選手はボールが観えていない

・ボールが観えていないのは、他のことを意識していてボールに集中していないから

・自分の感覚を対話しながら、ボールを観察する練習をしよう

 

スランプの時期はあれこれ考えてしまいます。考えれば考えるほど、バッティングからは遠ざかります。

ボールをよく観て、バットを振る。これをやるだけです。

明日からの練習では、自分はボールを観えているか確認しましょう。

きっといい方向に改善します。

 

⇒【バッティングの集中力とは”ボールを見ること”

⇒【劇的に変わるタイミングを合わせる方法

⇒【守備の一歩目を早くする方法

⇒【ゾーンやフローに入る方法

 

あわせて読みたい
野球のバッティングにおける集中力とは、ボールを観ること。下手な選手はボールを見ていない。野球においての集中とは、「ボールをみること」です。 「は?そんなん当たり前じゃん。」 そう思われますよね。 ボールを見...

 

 

 

[参考図書]

 

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です