守備

守備が上手くなる方法。多くの選手はボールが観えていない。バウンドや足の運びは考えなくていい。

僕は守備がものすごい苦手でした。

「もっと腰を低くしろ!」

「正面でとれ!」

「バウンドを合わせろ!」

 

指導者の方に言われたことを意識しても、一向に守備は上手くなりませんでした。

僕 

俺に守備の才能はないのか… 

 

ずっと長い間そう思っていて、守備が嫌いでした。

しかし、ある一点を変えただけで守備が劇的に変わりました。

 

守備の才能がないと諦めるのはまだ早いです。

 

今回は僕のような守備が苦手な方に向けて伝えたいことがあります。

 

⇒【守備の具体的な練習法

 

ボールが観えていない

守備が下手くそな選手に共通していることがあります。

それは

「ボールを観ていない」

ということです。

 

「は?そんなわけないじゃん笑」

そう思いましたよね。

しかし、守備に限らずバッティングも、下手な選手はボールが観えていません。

 

あわせて読みたい
野球のバッティングにおける集中力とは、ボールを観ること。下手な選手はボールを見ていない。野球においての集中とは、「ボールをみること」です。 「は?そんなん当たり前じゃん。」 そう思われますよね。 ボールを見...

 

集中とはボールを観ること

「もっと集中しろ!」

指導者の人は口を揃えてそう言いますが、そもそも集中とはなんでしょうか?

ほとんどの人が答えられませんし、勘違いしています。

 

野球において集中とは「ボールを観ることです

ボールを観ずにプレーすることは、集中していないと同じなのです。

 

さて、あなたはボールを観ることができていますか?

今一度、自分に問いかけてみてください。

 

⇒【センスがない選手はボールを見てないだけ

 

他のことを考えながら、集中できない

しかし多くの選手は集中していません。(ボールを観ていません)

なぜボールに集中できないかというと、他のことを考えているからです。

「正面で捕ろう」

「両手で捕ろう」

「バウンドを合わせよう」

「腰を低くしよう」

「エラー監督に怒られたらどうしよう」

 

こんなことを考えながらボールに集中することはできません。

暗算をしながら、自己紹介をするようなものです。

打球は速いですし、イレギュラーすることもあります。

ボールに集中しないで捕ることは不可能です。

 

ボールを観察しよう

「ボールに集中する」ということは、ボールをただ「見る」のとは違います。

「見る」ことであれば誰でもやっています。

 

大切なのは「観る」ことです。

ぼんやりと観るのではなく、観察するのです。

ボールはどんな動きをしているのか、興味をもって観察する感覚です。

決して「見よう見よう」と力んでボールをみてはいけません。

興味を持って、ボールを観察しましょう。

他のことを考えながらボールを観察することは絶対にできません。

バッティングも全く同じです。

 

⇒【バッティングが劇的に変わる練習法

 

集中はうまくなる

守備の練習でボールを観る練習を続ければ、次第に集中も上手くなりますし、守備力も上がってきます。

 

ボールを観ることって案外難しいし、とっても奥が深いです。

当たり前すぎるし、そもそも指導者も「観る」ということを知りません。

しかし、うまい選手は本能的にこの「観る」ということをやっています。

 

何かを意識したり考えながら、このような対応ができるわけがありません。

守備が上手い選手は観察に長けていて、色んなボールを観る訓練をずっとやってきたのです。

 

ボールの観る力があるから、どんな球にでも対応できるのです。

ボールを観ることをずっと続けて練習すれば、次第に速い打球にも体が勝手に反応するようになります。

 

これには本当に自分もびっくりします。

 

まとめ

・守備が下手な選手はボールが観えていない

・野球における集中とはボールを観ること、観察すること

・集中することで、どんな打球にも対応できる

 

守備は本来もっとシンプルなものです。

ただボールを観察して、ぱっと手を出すだけです。

難しいことは考えず、ボールに集中しましょう。それだけでうまくなります。

 

⇒【バッティングスランプ脱出法

⇒【守備のスランプ脱出法

⇒【守備一歩目を早くするステップのやり方

⇒【“ゾーン”や”フロー”に入る方法

⇒【打てない原因は指導者の”言葉”にある

 

 

参考図書

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です