守備

守備範囲の狭い選手でも広くなる、一歩目のスタートをきる方法。守備は一歩目で決まる。

守備範囲が狭い選手と、広い選手。

その差は、1歩目の早さにあります。

守備範囲が広い選手は、バッターが打ってから一歩目を踏み出すまでが非常に早いです。

その一歩目のスピードは反射神経では決まりません。

反射神経も大事ですが、もっと大事なのはボールを打った瞬間の構え方です。

 

今回は守備範囲が広くなる一歩目のスタートをきる方法をご紹介します。

 

テニスのスプリットステップ

テニスにスプリットステップというフットワークがあります。

このステップは、テニスのプレーヤーが250キロを超えるサーブに反応するためのステップです。

 

テニスは250キロを超えるサーブに対応しなくてはいけません。

一方、野球はどうでしょうか。

打球で250キロものスピードがくるなんてことはないですし、バッターとの距離もテニスに比べるとかなりあります。

そんな私たちが、テニスの選手でさえやっているスプリットステップをやらなくていいのでしょうか。

これは人間が一番早く反応できる方法なのです。

 

バドミントン、卓球、バレーボールの選手などもこのようなステップでボールを待っています。

 

スプリットステップのやり方

スプリットステップのやり方は非常に簡単でシンプルです。

小学生からでも全然できます。

サッとジャンプをして、バットとボールが当たる瞬間に着地するだけです。

そして、着地をしたと同時に一歩目のスタートを切ります。

つまり

着地=スタートのタイミング

となります。

 

スプリットステップが早いスタートを切れる理由は、地面からの反動を利用しているからです。

着地の反動を利用して、一歩目のスタートをきることができるのです。

試しに突っ立った状態から走り出すのと、サッとジャンプしてから走り出すのを比べてみてください。

ジャンプした方が走りやすいはずです。

 

スプリットステップが早いもう一つの理由は、膝に力が入らないからです。

膝を突っ張ったまま着地することはできません。

膝が柔らかくて力が入っていない状態なので、早い反応ができるのです。

 

以下の記事で優れている理由はより詳しく書いてあります。興味のある方は是非。

あわせて読みたい
【野球の守備】一歩目を早くする方法。一歩目が遅い人はスタートを早くきるためにテニスのスプリットステップを使おう!守備で一番大事なのは、一歩目です。 バッターがボールを打った瞬間に踏み出す一歩目。 一歩目のスタートをきる早さで、守...

 

まとめ

・守備範囲は一歩目の早さで決まる

・テニスのスプリットステップを使えば、早く反応できて一歩目が早くなる

 

スプリットステップは練習をすれば誰でもできるようになります。

バッティング練習の守備でも一球一球やるとといいでしょう。

 

一歩目が遅くて守備範囲が狭い選手は反射神経が悪いのではなく、ただ単に待ち方が悪いだけのパターンが大半です。

スプリットステップを何回か練習してできるようになれば、守備範囲も大きく変わるでしょう。

頑張ってください。

読まれています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です